2013年08月18日

FM福島

8月5日の続き
郡山のおだがいさまセンターの演奏がおわり、
若者チームは会津に。
年配者チームはFM福島に出演予定がありそのまま郡山に残る。
ノビーさんに福島の教会が近くにあるとおききして、訪ねてみるがお留守。
帰ろうとしたときに牧師先生が帰って来られた。
会堂に招いてくださりお祈りをし、お話をしてくださった。感激です。

「FM福島ならすぐ近くですよ」と牧師先生のおっしゃるとおり、
本当に近くでびっくり。
IMG_3572.JPG
DJの加藤さんのお声はとても素敵で、なめらかで、スピード感があって聴きほれる。
団長、梶川さんも、いろいろなインタビュにスムーズに答えていく。
私ならあの〜とか、えーととかモゴモゴしただろうながく〜(落胆した顔)
会津磐梯山を流してくださる。

FM福島を後に会津若松に。
若者チームと合流。
IMG_3578.JPGIMG_3579.JPGIMG_3577.JPG

ホテルのフロントの方の紹介で近くの「作蔵」
で夕食&誕生日会
ここは安くて美味しくて、メンバー全員大満足。
お店の方も笑顔で感じいい。
福島で感じの悪い人に出会うことがない。
本当に!
夜TVで郡山の洪水のニュースをみてびっくり。
会津は晴れている。
予想できない天気。
posted by Aki at 12:34| 日記

2013年08月17日

おだがいさまセンターで演奏

8月5日
今日は郡山市の富田町にある、「おだがいさまセンター」で演奏です。
ここは富岡町から避難して来られた方々の、仮設住宅です。
広島の福島県人会の方々のお力添えで演奏することとなりました。
no-title
仮設住宅は花や野菜が植えてあり、きれいにされています。
が、TVでみるよりもずーと狭い感じがして、着くそうそう涙が…

集まって来られる方々皆さん笑顔で、迎えてくださいました。
広島弁なら「遠いところよう〜きんさったね〜」でしょうか?

演奏は相馬盆歌や会津磐梯山、八重の桜や荒城の月、福島の方々におなじみの曲。
実は安芸楽団のアレンジを喜んでいただけるかどうか、不安でした。
始まってみると皆さん笑顔で大拍手。
皆さんの優しさに感激。
会津磐梯山を福島で演奏する長年の夢も叶い自然と涙が。
これがメンバーに伝染し、彩ちゃんも涙。
聞いてくださった方々も涙。
忘れられない福島の演奏会になりました。
安芸楽団はここ何年もアンコールは故郷ですので、何も考えず故郷を演奏。
やはり涙涙で…
後で福島市の方にお聞きしたのですが、震災後「故郷演奏禁止」のかん口令がひかれていたとか、ないとか、
知らなかったな〜ごめんなさい。
団長に「今日は有難う、もう生きてる間に家に帰れそうもない。ここに骨をうずめる覚悟です」と、
語ってくださった年配の男性。「又来てください」と皆さんが笑顔で見送ってくださった。
喜多方プラザの方が「又来てください。ということは仮設にまだいるということなんですよ。」
「皆さん逆に元気をもらったとおっしゃるけど、夜1人になると皆さん泣いているんですよ。」
と教えてくださった。
遠い福島が少し近くなった。IMG_3564.JPG

トランペット奏者のノビーさん。お忙しいのにご夫婦できてくださった。
お会いできてうれしかった。

IMG_3558.JPG
聴いてくださった皆さんと
posted by Aki at 23:35| 日記

2013年08月09日

福島に向かう

8月4日
相生のホテル出発車(RV)車(セダン)
IMG_3542.JPG
三木SAで朝食は各自自由にとることになっていましたが、
ここは宝塚ホテルベーカリーがあり気がつけば全員揃ってパンをたべていた。
ドリンクバーもあり美味しく皆大満足。

北陸道を抜け米山SAで夕食。IMG_3546.JPG
人気No.1鯛茶漬けをたべる。
ここの展望台から佐渡島がみえるそうです。
彩ちゃんが「う〜みは荒海 む〜こ〜はさどよるんるん」と歌いだすまで、「砂山」を意識していなかったのですが、(ほんとうは寄居浜というところから見た景色らしい)
砂山もこのたび演奏するので、嬉しくなりました。
後はひたすら走り、郡山についたのが、23時。
年配者のKさんはオートロックをうっかり閉めてしまい,
さっそくホテルの部屋をしめだされていた。
私は部屋が開かないとガチャガチャやっていたら、
最年少の三舟彩ちゃんが飛んできてくれた。
「これ隣の部屋ですよ」う〜もうやだ〜(悲しい顔)皆さんお疲れ様でした。夜
posted by Aki at 17:08| 日記